平成27年度長崎大学公開講座

長崎大学公開講座

平成27年度長崎大学公開講座詳細

平成27年度長崎大学公開講座については以下のPDFファイルでご確認ください。

各講座詳細・ダウンロードファイル

講座名 平成27年度核兵器廃絶市民講座 「核兵器のない世界を目指して」
日時 平成27年6月13日/7月18日/9月12日/10月17日
平成28年2月13日(全5回) 土曜日 13:30〜15:30
場所 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 交流ラウンジ
内容 長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)の教員による5回シリーズの市民講座を開講し、幅広い視点から、核兵器廃絶への具体的な取り組みを一緒に考えていきます。
受講料 無料
申し込み先 不要
問合せ先 核兵器廃絶長崎連絡協議会 TEL:095-819-2252
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 第5回附属薬用植物園における薬用植物
~薬用植物の利用と健康生活~
日時 平成27年5月9日(土) 10:00〜12:00
場所 長崎大学 薬学部講義室
並びに 附属薬用植物園(文教キャンパス内)
内容 附属薬用植物園では、消炎・鎮痛作用があるシャクヤク畑を中心として各種の薬用植物やハーブ類、更には、観賞用植物など、四季を通じて約 450 種の植物を栽培しています。また、園内にはシーボルト記念植物園が設けられ、シーボルトゆかりの、ケヤキ、フジ、アケビ、ツタ、イロハモミジの 5 種の植物が、長崎大学・ライデン大学国際学術交流の記念として植栽されています。
本講座は、私たちの健康生活に役立つ薬用植物とふれ合うことを目的として、開花期の薬用植物を最も多く観察できる時期を選んで開催します。暮らしの中で身近な薬用植物の紹介と観察を行い、実際に漢方薬やハーブティー作りを体験します。
受講料 無料
申し込み 平成27年4月1日~4月30日(E-mail・FAX・往復はがき)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 学術協力課 企画調査係
〒852-8523 長崎市坂本1-12-4
E-mail :gakujutu_kikaku@ml.nagasaki-u.ac.jp FAX:095-819-7199
問合せ先 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 学術協力課企画調査係
TEL:095-819-7195
ファイル  
講座名 第8回 平戸と長崎大学で育てる地域医療 「平戸市生涯学習連携講座」
日時 平成27年6月6日(土) 土曜日15:30~18:30
場所 たびら活性化施設
内容 当機構が掲げる、「学ぶチカラで地域医療を活性化させる」という理念を元に、住民参加型の地域医療を作っていく為に地域医療の実践者の方をお招きしてご講演頂く事で、地域の住民の皆さんと共に地域医療について考え、共に歩んでいく為の講演会
受講料 無料
申し込み 不要
問合せ先 へき地病院再生支援・教育機構 平戸臨床拠点 TEL:0950-20-3006
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 被爆者健康講話
日時 平成27年6月18日~平成28年3月17日(全10回)
毎月第3木曜日 14:00~15:00
場所 長崎会場:国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
五島会場:五島市福江総合福祉保健センター
(※五島会場はインターネットでの中継講話となります。参加受付は当日会場でも可能です。 )
内容 この被爆者健康講話は原爆被爆者および地域住民の健康管理の向上を目的としている。多くの被爆者は年々高齢化し、心身ともに様々な不安を抱えている。このような健康に対する不安や悩みを少しでも軽減するために、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館と連携し、身近な健康をテーマとした健康講話を実施する。本講座では、原爆被爆者に限らず、一般住民の誰もが参加できるよう、健康に関する様々なテーマを取り上げる。
受講料 無料
申し込み 前日〆切(電話)※申し込み無しでの当日参加も可
国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館 健康講話係
TEL:095-814-0055
ファイル 第1回長崎会場 
第1回五島会場 
講座名 第62回日本小児保健協会学術集会 市民公開シンポジウム
「よりよく学び よりよく育つために 
~障がいのある子どもたちの就学を考える~」
日時 平成27年6月20日(土)14:00~17:00
場所 長崎ブリックホール
内容 「よりよく学び よりよく育つために 〜障がいのある子どもたちの就学を考える」を市民公開講座のテーマとして保護者、行政者、教育者、福祉、医療者など子どもたちの成長に関わる人みんなで一緒に議論していく機会になればと考えています。
受講料 無料
申し込み 不要
問合せ先 長崎大学 医学部小児科 TEL:095-819-7298
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 被爆70年を考える現代美術
日時 平成27年7月11日(土)/ 7月20日(月・祝)/ 7月26日(日)/
8月8日(土)/ 8月10日(月) (全5回)14:00~15:30
場所 長崎大学産学官連携戦略本部 2F研修室
概要 一般市民の皆さんが「被爆70年を考えてみましょう!」というテーマです。
一つの方法としてアート(美術)を通して平和に貢献できる表現を提案するのが、この講座の試みです。ちょっとした何気ないもの(こと)、捨ててしまうもの(こと)でも、何かの役に立ち、しかも、それがとても大切でかけがえのない何かに気付けば、人が生きる歓びにつながることで美しく輝き、そこに平和の証しを見出すことでしょう!
内容 1. 7/11(土)「障がい者のアート性について」
   野坂知布(長崎大学附属特別支援学校教諭)/新田照夫(長崎大学准教授)
2. 7/20(月・祝) 「アートによる福島復興の現代術の役割とその現状」
   山本伸樹(美術家)/波多野慎二(活水高等学校教諭)
3. 7/26(日) 「平和とアートとのあいだ」
   井川惺亮(長崎大学名誉教授)/高橋眞司(長崎大学客員教授)
4. 8/8(土)「長崎港と歴史的につながりのあるポルト港風景を語る」
   フランシスコ・ラランジョ(ポルト大学美術学部教授)
5. 8/10(月)「アート(現代美術)の使命の意味するもの」
   宮田徹也(美術評論家)
受講料 無料
申し込み 平成27年6月30日〆切(E-mail・電話・往復はがき)
長崎大学産学官連携戦略本部 生涯教育室
〒852-8521 長崎市文教町1-14
E-mail:fujihara@nagasaki-u.ac.jp TEL:095-819-2233
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 長崎大学公開講座 遺伝学講座13 遺伝について楽しく学ぼう
日時 平成27年8月18日(火)13:30~16:00
場所 長崎大学医学部保健学科 体育館(長崎大学病院敷地内)
内容 幼い時期から命の大切さについて学ぶことを目的に本講座を開設しました.耳の形や髪の毛の生え際など体の特徴を使ったゲームを行い,遺伝の基本的な知識を身に付けると共に,自分や周りの人を大切にすることについて一緒に考えます.ゲーム形式なので楽しく学習できます。
受講料 無料
申し込み 平成27年6月15日~7月31日(E-mail・FAX)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 学術協力課 企画調査係
E-mail :gakujutu_kikaku@ml.nagasaki-u.ac.jp FAX:095-819-7199
問合せ先 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 学術協力課企画調査係
TEL:095-819-7195
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 長崎県での新生児聴覚スクリーニングの成り立ち・現状とその意義
日時 平成27年8月30日(日) 13:00〜15:00
場所 長崎大学医学部 記念講堂(坂本キャンパス内)
内容 長崎県では現在、新生児の約95%が新生児聴覚スクリーニングを受診し、全国でもトップクラスの受診率を維持する。この市民講座ではその成り立ちとしくみ、新生児難聴の原因とその治療・対応などについて、専門家による講演が行われる。
受講料 無料
申し込み 不要
問合せ先 長崎大学病院 耳鼻咽喉科 TEL:095-819-7349
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 長崎県がん診療連携拠点病院 県民公開講座
「がんについてよく考えよう」
日時 平成27年9月19日(土) 13:00~16:00
場所 長崎ブリックホール 国際会議場
内容 当院は平成19年1月31日付で、都道府県がん診療連携拠点病院の指定を受けた。“がん医療の均てん化"の中心的担い手である拠点病院の重要な役割の一つとして、がん医療に関する県民への情報提供・相談支援の実施が挙げられており、その一環として県民公開講座を開催している。
テーマは、長崎地区の2つの地域がん診療連携拠点病院と調整し、原則がん種が重ならないようにしている。
特別講演としては、がんを体験した有名人に来崎してもらっている。
受講料 無料
申し込み先 チラシに記載
問合せ先 長崎大学病院 がん診療センター TEL:095-819-7779
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 平成27年度 水産学部公開講座「水産講座」
日時 平成27年9月30日(水)14:45~17:00
場所 長崎大学水産学部 大会議室
対象 漁業関係者など
内容 ①「海苔にまつわる七不思議」ノリのバイオケミ・ストーリー
講演者:山口健一(水産学部 准教授)
②水産食品による食中毒の概要と予防 ‐ヒスタミン・寄生虫・海洋性自然毒‐
講演者:谷山茂人 (水産学部 准教授)
受講料 無料
(*本講座は平成27年度海洋サイバネティクス報告会の一部として実施します。)
申し込み 不要
問合せ先 水産学部 准教授 菅 向志郎  Tel/Fax:095-819-2827
ファイル  
講座名 「国際語としての英語」について学ぼう!
~「第二言語としての英語」・「国際語としての英語」・「世界諸英語」を中心に
日時 平成27年10月18日(日)/ 11月15日(日)
第3日曜日14:00~16:00(全2回)
場所 長崎大学産学官連携戦略本部 2階研修室(文教キャンパス)
内容 この講座では、次の2点に焦点を当てることにします。
1.英語が使えるという事について、「第二言語としての英語」の指導理論を背景にして紹介します。
2.国際語としての英語を使うという事について、Larry E.Smith氏とBraj B.Kachru氏の考え方を紹介し、異文化に属する人と英語を共通のことばとしてスムーズに会話のやり取りができる英語学習について考えます。異文化の人との会話の場面での礼節(politeness)のルールが視野に入ってきます。
受講料 3,000円(テキスト代含む)
申し込み 平成27年9月30日〆切(E-mail・電話)
長崎大学産学官連携戦略本部 生涯教育室
E-mail:fujihara@nagasaki-u.ac.jp TEL:095-819-2233
ファイル  
講座名 域学連携の現状と課題
~長崎大学経済学部は如何に地域と繋がるのか~
日時 平成27年10月28日~11月25日(全5回)
毎週水曜日 19:40~21:10
場所 未定
内容 近年、地域経済・社会の持続可能性にかかる議論の中で、地域と大学との関係性に注目が集まっています。本講座では、本学部内外の域学連携事例から、今後の域学連携のあり方について学びます。
受講料 未定
申し込み H27年10月7日(水)~10月20日(火)(E-mail・FAX)
長崎大学経済学部 支援課総務係
E-mail:ecso@ml.nagasaki-u.ac.jp  FAX:095-820-6370
ファイル  
講座名 身近に起こりうる災害ー土砂災害と噴火災害の医療対応
日時 平成27年10月31日(土)9:30~11:30(受付:9:15〜)
場所 長崎大学病院第4講義室(長崎大学病院講義棟2階)
内容 2014年に発生した広島市の豪雨災害と長野県の御嶽山噴火災害を例に、日本の災害医療に関して概説し、長崎県にとっても決して他人事ではない大雨や噴火の災害に関しての知識を得る。
受講料 無料
申し込み先 不要
問い合わせ先 長崎大学病院 救命救急センター TEL:095-819-7765
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 平成27年度 水産学部公開講座「水産講座」 in 佐井村
日時 ① 平成27年11月27日(金)14:00~16:00
② 平成27年11月27日(金)18:00~20:00
場所 ① 青森県佐井村漁業協同組合 本所2階和室
② 青森県佐井村 牛滝地区交流促進センター
対象 漁業関係者など
内容 Ⅰ 「海藻養殖について」
   講演者:桑野和可(水産学部 教授)
Ⅱ 「定置網技術について」
   講演者:松下吉樹(水産学部 教授)
(※上記2ヶ所の開催場所で同じ内容の2演題を講演します)
受講料 無料
申し込み 不要
問い合わせ先 水産学部 准教授 菅 向志郎  Tel/Fax:095-819-2827
ファイル  
講座名 第1回 医療・介護従事者を対象とした長崎大学公開講座
「多職種協働で守る口と体の健康」
日時 平成27年12月6日(日)13:00~16:00(開場 12:30)
場所 長崎大学医学部 良順会館 ボードインホール
内容 口腔と全身疾患の関連や口から食べることの重要性の認識が高まり、口腔管理においても医療・介護従事者間での連携が推進されている。
この連携を強化するために、多職種の立場から口腔管理の実情、課題および歯科に対して望むこと等を講演・討論していただく。
受講料 無料
申し込み先 平成27年11月30日必着(郵送・FAX)
〒852-8588 長崎市坂本1丁目7−1 FAX:095-819-7694
長崎大学病院 義歯補綴治療室 山下 利佳
※受講対象:医療・介護従事者
問い合わせ先 同上
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 哲学講座
日時 平成28年1月30日、2月6日、2月13日(全3回)
毎週土曜日 14:00〜16:00
場所 長崎大学産学官連携戦略本部 2階 研修室
内容 創造的であること、すなわち新しい価値を創造することは個々人にとっても、人類全体にとってもこの上なく大切な営みである。しかし、創造の重要性と緊急性はわかるものの、創造の神秘に迫ることは並大抵のことではない。
高橋講師は、この謎にみちた創造の営みを、まずは身近なところで観察し、ついで創造的過程を「創造の標準モデル」において客観的に解明し、最後に「平和の創造」を念頭において「創造の三原則」を提起する。
もうひとりの糸山講師は、新田講師とともに長年にわたって開発してきた「連想」の手法によって、戦争と平和の「意味ネットワーク」を受講者と協働して製作する。さらに、市民の一人ひとりが主権者として「地域社会を創造する」ことを提起し実践してきた新田講師は、講座全体を統括し討論を方向づけする。
受講料 無料
申し込み先 平成28年1月27日(水)〆切 (E-mail・電話・往復はがき)
〒852-8521 長崎市文教町1-14 長崎大学産学官連携戦略本部 生涯教育室
TEL:095-819-2233 E-mail:fujihara@nagasaki-u.ac.jp
ファイル  
講座名 第9回ダウン症候群トータル医療ケア・フォーラム
『ダウン症家族のメンタル・ヘルスとその支援』
日時 平成28年2月7日 10:00~16:00
場所 長崎大学 医学部 記念講堂
内容 このフォーラムはダウン症候群の方々とその家族が充実した生活ができるような環境をつくるために多職種の方々が集まり、一緒に考えていこうとするものです。生活一般に関する情報交換の場ともなります。
受講料 無料
申し込み 不要
問い合わせ先 長崎大学医学部 小児科
TEL:095-819-7298 FAX:095-819-7301
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 第3回認知症県民公開講座
日時 平成28年2月11日(木)13:30~16:30
場所 NBCビデオホール
内容 認知症疾患医療センターは保健医療・介護機関などと連携を図りながら、認知症疾患に関する鑑別診断、周辺症状と身体合併症に対する急性期治療、専門医療相談等を実施するとともに、地域保健医療・介護関係者への堅守などを行うことにより、地域における認知症疾患の保健医療水準の向上を図ることを目的として長崎県より指定されております。その事業の一環として、認知症の啓発目的にて講演、シンポジウムなど。
受講料 無料
申し込み先 平成28年2月上旬〆切(FAX)
長崎大学病院 精神神経科 TEL:095-819-7293 FAX:095-819-7296
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 平成27年度長崎大学市民公開講座
『介護を考える!~仕事を辞めない知恵と戦略~』
日時 平成28年2月24日(水)18:00~20:00
場所 長崎ブリックホール国際会議場
内容 高齢化社会において、「仕事と介護の両立」に困難さを感じたり、不安を抱いている一般市民も多いことが考えられる。そのような状況に対応できる事前の心構えや対処策を学ぶことをテーマに、市民公開講座を開催する。

<第一部>佐々木 常夫氏(株式会社佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表/株式会社東レ経営研究所特別顧問)による特別講演

<第二部>長崎大学教職員2名による仕事と介護の両立事例の紹介
1. 病院第二内科  塚本 美鈴
2. 工学研究科  扇谷 保彦
受講料 無料
申し込み先 申込受付:平成28年1月12日~平成28年2月15日
E-mail・FAX・ホームページ申込フォーム)
ダイバーシティ推進センター
E-mail:omoyai_seminar01@ml.nagasaki-u.ac.jp
FAX:095-819-2159
HP:http://www.cdi.nagasaki-u.ac.jp/c_event0/c_event/5399/
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む 
講座名 第2回 医療・介護従事者を対象とした長崎大学公開講座
「多職種協働で守る口と体の健康」
日時 平成28年3月19日(土)13:00~17:20(開場 12:30)
場所 長崎大学病院 第4講義室
内容 口腔と全身疾患の関連や口から食べることの重要性の認識が高まり、口腔管理においても医療・介護従事者間での連携が推進されている。 この連携を強化するために、多職種の立場から口腔管理の実情、課題および歯科に対して望むこと等を講演・討論していただく。
受講料 無料
申し込み先 平成28年3月12日 必着(E-mail・FAX)
【申込方法】
a.公開講座受講申込 b.お名前 c.職種 d.駐車場割引券必要の有無 を記載し, メールまたはFAXでお申し込みください。(FAXでお申し込みの場合は、以下のPDFファイル内にある参加申込書をご利用下さい。)
E-mail:n_pd@ml.nagasaki-u.ac.jp
〒852-8588 長崎市坂本1丁目7−1
FAX:095-819-7694
長崎大学病院 義歯補綴治療室 山下
※受講対象:医療・介護従事者
問い合わせ先 同上
ファイル PDFファイルをダウンロードして読む